オンキヨー、ラウンド型のヘッドホンアンプがApple Lightningに対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オンキヨーは10月16日、「Deff Sound(ディーフサウンド)」ブランドから、Apple Lightningインターフェース対応のポータブルヘッドホンアンプ「DDA-LA20RC」を発表した。10月末に発売する。想定税込価格は1万6000円前後になる。

 DDA-LA20RCは、9月発売のAndroid/PC用「DDA-A20RC」をベースにした、Apple Lightning接続対応の製品。手のひらの収まるラウンド型の小さなボディに、アルミニウム合金を採用した。最大出力10mW+10mWのヘッドホンアンプを内蔵し、96kHz/24bitのハイレゾ音源再生に対応している。

 付属ケーブル1本で接続でき、ハイレゾ音源出力の際は、Apple Lightning-USBカメラアダプタ無しで、ダイレクトに出力が可能。USB-OTG対応のAndroid端末やPCとの接続にも対応しており、こちらも96kHz/24bitのハイレゾ音源再生が可能だ。

 カラーはブラック、シルバー、ホワイトをそろえ、サイズは高さ13.3mm×幅45.6mm×奥行き45.6mm、重量は約24g。前面にはリモートコントロールスイッチ、背面には洋服やカバンに固定できるクリップを装備している。


 Deff Soundは、オーディオアクセサリなどの開発を手がける「Deff(ディーフ)」が展開するブランド。オンキヨーでは2013年から取り扱いを開始している。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加