サンディスク、スマホからWi-Fi接続できる小型モバイルストレージ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サンディスクは10月16日、Wi-Fiを使ってアクセスすることができるモバイルストレージ「サンディスク コネクト ワイヤレス メディアドライブ」を10月下旬に発売すると発表した。予想実売価格は1万7000円前後(税抜)で、2年保証付。携帯電話ショップでは10月下旬から、Apple Storeでは11月からの販売を予定しているという。

 同製品は、iPhone、iPad、Android端末などスマートデバイスに内蔵された内部ストレージの容量不足解消や保存されたコンテンツのバックアップ、複数のデバイスによるコンテンツの共有などを想定したもので、Wi-Fiで接続することでデータへのアクセスやバックアップ、コピーを行うことができる。


「サンディスク コネクト ワイヤレス メディアドライブ」

 容量は32Gバイトで、最大128GバイトのSDXCメモリーカードによるストレージの拡張も可能。デジタルカメラのメモリーカードに保存されている写真をメディアドライブを通じてスマートデバイスですぐに確認したり、カードにある写真をメディアドライブにバックアップしたりすることができる。

 筐体にはアルミニウムハウジングを採用し、サイズは縦65mm×横65mm×厚さ13.5mm。重さは76g。大容量バッテリを搭載し、1回の充電で最長8時間の連続ストリーミングが可能。また、最大8台のモバイル機器による同時ワイヤレス接続と最大5台の端末でのコンテンツ同時ストリーミングができるという。

 対応端末はiPhone、iPad、iPod Touch、Kindle Fire、Android端末、およびWindowsやMacのPCで、PCへの接続にはUSBが使用可能。スマートデバイスからの接続には「サンディスク コネクト ワイヤレス メディアドライブ」専用アプリを使用する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加