logo

JVC、配色にこだわった重低音&タフなヘッドホン「XX」

加納恵 (編集部)2014年10月01日 16時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JVCケンウッドは、JVCブランドから重低音&タフをコンセプトにしたインナーイヤー型ヘッドホン「XX (XTREME XPLOSIVES)」シリーズに新製品「HA-FX33X/FX11X」を発表した。10月上旬に発売する。想定税別価格はFX33Xが5000円前後、FX11Xが3000円前後になる。

 10mmのネオジウムドライバユニットを搭載し、「エクストリームディープ」バスポートを採用することで、パワフルかつキレのある重低音再生を実現。上位機となるFX33Xのみ、カーボン振動板を搭載するほか、メタルボディを採用し、不要な振動を低減できるとしている。

 ハウジング部は、エラストマー素材の「タフラバープロテクター」によりしっかりとガード。音筒部に最適な角度をつけた「エルゴノミックアングルドフォルム」により、安定した装着を実現する。

 ボディカラーと質感にこだわり、FX33Xはブラック、ブラック&レッド、シルバー、レッド、レッド&ブラック、FX11Xはブラック、ブラック&レッド、レッド、レッド&ブラック、サンドベージュの各5色展開になる。イヤーピースはS、M、Lの3サイズを用意。ケーブルの長さは1.2mでコードキーパーとキャリングケースが付属する。


「HA-FX33X(上)/FX11X(下)」
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集