人の文章への加筆、音楽のアレンジはどこまでOKか ~著作者人格権と「現場の事情」 - (page 2)

福井健策(弁護士・日本大学芸術学部 客員教授)2014年09月26日 11時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ただ、佐藤さん側はふたつの点で権利侵害だと主張します。ひとつは、これは原曲の編曲になりそうですが、実はJASRACは編曲の許可は出さないのです。というより、JASRACが管理しているのは演奏や録音といった「曲をそのまま利用する」部分の権利であって、編曲に関わる権利は最初から扱っていません(多くは、音楽出版社という別な会社が管理します)。ですから許可は出しようがないのです。つまり第5回で説明した「編曲権」の侵害が問題になる。

 もうひとつは、仮に編曲権の点は度外視するとしても、無断改変には違いないから著作者人格権(同一性保持権)の侵害だというのです。この裁判では、レーベルは「JASRAC許可でいける」という意見だったようですが、結局はPE’Z側が販売をあきらめてCDは出荷停止で終わっています。

 理論上は、確かにきつめのアレンジは編曲権や同一性保持権の侵害かもしれません。ですから、実務では音楽出版社などの権利者サイドに「挨拶」を入れてカヴァーをするケースも多いようです。もっとも、いつも厳密に出版社(→編曲権)にも作詞家・作曲家本人(→同一性保持権)にも挨拶を入れているかと言えば、実際にはもう少しゆるくやっていますね。

 そもそもジャズは、アドリブも含めて既存曲をアレンジするのが信条ですし、やってみないとどんなアレンジになるかもわかりません。それをいちいち、JASRACの許可や支払のほかに別な権利者の了承「も」取れというのは無理だ、という指摘もあります。理屈としてはわかります。

現場はどう動いているか

 実際、現場では音楽出版社は全般にカヴァーに寛容だとも言われます(アレンジ版でも、原曲の著作権収入は入るのですから当然ではありますね)。また、作曲家とアレンジャーが別れがちなポップス系は、そもそもアレンジはその都度変わって当然だという発想もあるようです。他方、いわゆる純音楽系は、作曲家がオーケストラ編成含めて創作しますから、アレンジを勝手に変えられると困ると感じやすいのだ、とも説明されます。

 このように、法律は法律として、現場ではジャンルごとの事情を加味しつつ、適宜相手の顔や事情も「斟酌(しんしゃく)」しながら、カヴァーは花盛りを続けています。間違いなく、原曲に新しい命を吹き込み、我々に新鮮な感動を与える音楽文化の重要な一翼ですね。いわば、法律論だけではない、グレー領域がうまく機能しているように思います。

 このグレー領域の効能と、それが直面しつつある変化を、次回は「二次創作」を題材にもう少し掘り下げてみましょう。

(続きは次回)

 レビューテスト(18):JASRACは原曲の演奏や録音の許可は出せるが、編曲や原曲の改変の許可は出せない。○か×か。正解は本文中に!

【第1回】著作物って何?--文章・映像・音楽・写真…まずイメージをつかもう
【第2回】著作物ではない情報(1)~ありふれた表現や、社会的事件も著作物?
【第3回】著作物ではない情報(2)~アイディア、短いフレーズ、洋服や自動車も著作物?
【第4回】著作権ってどんな権利?~著作権侵害だと何が起きるのか
【第5回】著作権を持つのは誰か ~バンドの曲は誰のもの?
【第6回】どこまで似れば盗作なのか ~だってウサギなんだから
【第7回】どこまで似れば盗作なのか(続)~だって廃墟なんだから
【第8回】個人で楽しむためのダビング・ダウンロードはどこまでOKか
【第9回】その「引用」は許されるのか?講義やウェブでの資料配布は?
【第10回】その著作物の利用、できます -入場無料のイベント・上映、写り込み、企画・研究-
【第11回】ソーシャルメディアと著作権 ~歌詞のつぶやきはOK?利用規約には要注意?
【第12回】動画サイトの楽しみ方 ~違法動画を見たら犯罪?「歌ってみた」「踊ってみた」は?
【第13回】10分で学ぶ、JASRACと音楽利用のオキテ
【第14回】作品を広めるしくみ ~噂の「CCマーク」を使ってみる
【第15回】青空文庫を知っていますか? ~著作権には期間がある
【第16回】「海賊版」の話 ~作り手達が本当に困るのはどんなことなのか
【第17回】「命を惜しむな。名を惜しめ。」 ~著作者人格権とクリエイターの“名誉”

福井 健策(ふくい けんさく)

弁護士(日本・ニューヨーク州)/日本大学芸術学部 客員教授

1991年 東京大学法学部卒。1993年 弁護士登録。米国コロンビア大学法学修士課程修了(セゾン文化財団スカラシップ)など経て、現在、骨董通り法律事務所 代表パートナー。

著書に「著作権とは何か」「著作権の世紀」(共に集英社新書)、「エンタテインメントと著作権」全5巻(編者、CRIC)、「契約の教科書」(文春新書)、「『ネットの自由』vs. 著作権」(光文社新書)ほか。9月17日に新著「誰が『知』を独占するのか」(集英社新書)発行

専門は著作権法・芸術文化法。クライアントには各ジャンルのクリエイター、出版社、プロダクション、音楽レーベル、劇団など多数。

国会図書館審議会・文化庁ほか委員、「本の未来基金」ほか理事、think C世話人、東京芸術大学兼任講師などを務める。Twitter: @fukuikensaku

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]