logo

アマゾン、「.buy」ドメインを460万ドルで落札--グーグルに競り勝ち

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 福岡洋一 (ガリレオ)2014年09月19日 11時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インターネットを国際的に管理するInternet Corporation for Assigned Names and Numbers(ICANN)は、一般トップレベルドメイン(gTLD)運用権のオークションでAmazonが他の3社より高値を付けたことを受け、ドメイン名「.buy」を同社に割り当てた。Amazonは、米国時間9月17日に終了したオークションで460万ドルを支払った。Googleは自社のレジストリサービスCharleston Road Registryを通じて入札したが次点に終わった。Googleは「.tech」「.vip」というgTLDのオークションでも競り負けた。

 Amazonは.buyドメインで何を行うかをまだ明らかにしていない。米CNETはAmazonとGoogleにコメントを求めたが、得られていない。

 Googleには、Charles Road Registryが運営する独自のレジストリサービスがあり、「.ads」「.dad」「.eat」などさまざまなトップレベルドメインを提供できる。Googleは2012年に、自社のレジストリサービスを通じて提供したいgTLDをすべて示した表を公開した。その中に.buyも含まれていた。

 ICANNがgTLDを「.com」「.org」「.gov」といった標準的なものから拡張すると2011年に発表して以来、トップレベルドメインのブームが続いている。特定の業界やニーズに適用できるとわかればgTLDが収入源になる可能性があると考え、AppleとGoogleに加えて数社が新しいドメイン名の取得を目指していた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集