logo

ソフトバンク、米国で通話・ネットし放題の「アメリカ放題」--iPhone 6/Plus+スマ放題利用者向けに

坂本純子 (編集部)2014年09月17日 10時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクモバイルは9月17日、米国スプリントとのシナジー第2弾として、日本国内と同等の料金で音声通話とデータ通信が利用できる「アメリカ放題」を9月19日より開始すると発表した。

サービス概要
サービス概要

 ネットワークは3Gのみの対応からスタートする。LTEは年内に対応予定だが、早ければ11月、12月の初めにも対応できるかもしれないという。

米国で利用する場合の通常料金
米国で利用する場合の通常料金

 アメリカ放題は、スプリントのネットワークなら米国本土やハワイ、プエルトリコ、バージン諸島(アメリカ領)で追加料金なしで、通話やインターネットが利用できるサービスだ。米国内への通話やメール、米国内から日本国内への通話やメールを追加料金なしで利用できるのが特長。テザリングも可能だ。

ハワイ旅行の一例
ハワイ旅行の一例

 設定も簡単で、iPhoneの設定にある「データローミング」をオフにしたままで利用できるという。「スプリントのネットワークは日本と同じ環境で使える。環境としては、日本にいるときのままでいい」(ソフトバンクモバイル代表取締役副社長の宮内謙氏)

 対象となるのは、iPhone 6/iPhone 6 Plusの契約者。月額980円(要申し込み)としているが、サービス開始記念キャンペーンで当面は無料。「いつ有料にするかはまだ考えていない」(宮内氏)という。なお、スマ放題の「データ定額パック」5Gバイト以上の加入者には、今後も継続して無料(申し込み不要)でアメリカ放題を提供する。

 米国本土やハワイで利用する場合の通常料金は、140円/分(日本宛)かかる。海外パケットし放題は1980円/日(990Kバイト~25Mバイトまで)で、上限は2980円となっている。

 ソフトバンクモバイルは、7日間ハワイ旅行をした場合、音声通話を5分/日すると4900円。パケット通信は1万3860円で、約1万9000円がアメリカ放題で0円になるとアピールした。

9月19日からアメリカ放題スタート
9月19日からアメリカ放題スタート
白戸家の「お兄さん」と「お父さん」も駆けつけた
白戸家の「お兄さん」と「お父さん」も駆けつけた

-PR-企画特集