logo

KDDI、「iPhone 6」はネットワークで差別化--「厳然とした差がある」と自信

井指啓吾 (編集部)2014年09月12日 17時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIは9月12日に会見を開き、「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」のネットワークの強さをアピールした。登壇した同社代表取締役執行役員専務の石川雄三氏は「これまでキャリア各社のネットワークの差は明確にしづらかった部分もあるが、今回は厳然とした差がある」と自信を見せた。


ネットワークについて説明する石川氏

 KDDIが販売するiPhone 6/6 Plusは、150Mbps(FDD)のキャリアアグリゲーション(CA)、110Mbps(TDD)のWiMAX 2+の双方に大手3キャリアで唯一対応する。150Mbpsの基地局数は9月10日に1万局を突破、12月には2万局到達を見込んでおり、速さと広さ、つながりやすさの強化を着々と進めている。

 ネットワーク以外では、auショップと連携したキャンペーンや「オリジナリティに富んだ(iPhone 6/6 Plus用)アクセサリ」(石川氏)で差別化を図る考えだ。なおアクセサリについては「来週くらいに発表できる」としている。

 iPhone 6/6 Plusの入荷状況を聞かれた石川氏は「申し上げられない」と答えたが、「例年お待たせすることになって申し訳ないので、アップルに早く送ってくれと伝えている次第」とも話した。

 また、iPhone 6/6 Plusのどちらが多く売れるかとの問いには「価格がiPhone 6 Plusが高いことと、客観的な評価としては当然、4.7インチ(iPhone 6)のほうが多く売れるだろうと見ている」と答えた。

 機種変更時にユーザーが使っているau携帯電話を買い取る「下取りプログラム」は今回も実施する。「iPhone 4S」以後の端末を対象としており、前モデルの「iPhone 5s」「iPhone 5c」も含まれる。端末の種類に応じてWALLTETポイントで還元するという。

  • iPhone 6/6 plus対応速度規格への各社のネットワーク対応状況

  • auの150Mbps基地局数

  • ネットワークを「全部入り」とアピール

 iPhone 6/6 Plusの予約受付は同日16時に、3社一斉に始まった。KDDIソフトバンクモバイルはすでに価格を発表しているが、NTTドコモは価格未定のまま予約を受け付けている。

-PR-企画特集