logo

シャープ、4K対応の1型CMOSイメージセンサを開発

加納恵 (編集部)2014年08月20日 16時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは8月20日、4K動画撮影に対応したデジタルビデオカメラ向けCMOSイメージセンサ「RJ5DY1BA0LT」を開発したと発表した。10月から量産を開始する。

  • 「RJ5DY1BA0LT」

 開発されたのは1型1200万画素のCMOSイメージセンサ。業界最高となる感度1420mV/lux-secを実現し、明るいシーンでも暗いシーンでも鮮明な画像を撮影できる。

 画素信号の読み出しを高速化するとともに、少ない電力でデジタル変換する独自の回路技術を搭載。4K動画を60fpsで撮影する際に、業界トップレベルの低消費電力420mWを実現したとしている。

 低消費電力化によりイメージセンサの発熱を抑えられ、搭載機器の放熱設計を簡略化できるとのこと。熱によるノイズの少ない高画質撮影に対応する。1200万画素の静止画撮影もでき、デジタルスチルカメラ用途としても利用可能だ。

 8月21日にサンプル出荷を開始し、サンプル価格は税込2万円。月産8万個としている。

-PR-企画特集