logo

Google Appsをグループウェアのようなポータル画面で使いやすく--システムクレイス

坂本純子 (編集部)2014年08月18日 11時54分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 システムクレイスは8月18日、Google Appsをグループウェアのような画面で使える連携ポータルサービス「Any-Co グループウェア」を発表した。初期導入費は無料、基本利用料は1ユーザーあたり月300円。

「Any-Co グループウェア」
「Any-Co グループウェア」

 具体的には、Google Appsのアカウントと連携し、Gmail新着情報とGoogleカレンダーの予定を1画面に表示する。さらに、掲示板や電話メモの新着情報が同じ画面に表示され、従来のグループウェアと同じように1つの画面でこれらの情報をチェックできる。

 Google App Engine上で稼働しており、スマートフォン、タブレット、PC端末のいずれでも、Google Appsと同様にブラウザとネットワークがあればどこからでも利用できる。Google Apps for BusinessとGoogle Apps for Business Unlimited、Education、Governmentと連携する。

 Google Appsを導入した企業から、グループウェアらしいポータルがほしい、掲示板機能がほしいと言った要望に応え開発したという。Any-Coグループウェアは、Google Appsを検討している、もしくは既に導入しているユーザーに向けたもの。「誰にでも簡単にクラウドサービスを利用できるようにする」をコンセプトにサービスを提供していくとしている。

-PR-企画特集