logo

3分で振り返る海外ITニュース(7月15日編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ここでは、7月15日に報じられた主な海外ITニュースをまとめて紹介する。

マイクロソフト、「プロダクティビティ」など新年度計画を説明--WPC

 Microsoft幹部らは、同社の年次パートナー向けカンファレンス「Worldwide Partner Conference」(WPC)で、参加した多数のパートナーらに新会計年度の計画を示した。2014年度の同イベントの初日となった米国時間7月14日に発表されたその計画には、これまでとは方向性が異なる部分があった。具体的に記すと、Microsoft幹部らはパートナーらに対し、同社最高執行責任者(COO)を務めるKevin Turner氏の言葉を借りれば「プロダクティビティこそわれわれの力だ」ということを伝えていた。

「iPhone 6」、5.5インチモデルは2015年に登場か

 うわさされている「iPhone 6」のうちでファブレットに似たバージョンは、製造上の深刻な問題に直面しており、リリースが2015年に延期されるか、あるいは、初期販売台数が限定される可能性があると、著名なAppleアナリストが主張している。予想されている4.7インチのiPhone 6でAppleが抱えている問題は5.5インチ版においてより深刻で、遅延につながる恐れがあると思うとKGI SecuritiesのアナリストであるMing-Chi Kuo氏が調査メモに記している。MacRumorsとAppleInsiderが米国時間7月13日に報じた。

「iWatch」は300ドル、年3000万台以上を販売--米アナリストが予想

 Morgan StanleyのアナリストであるKaty Huberty氏が示したデータによると、長くうわさされてきたAppleの「iWatch」は発売後の最初の1年間に、実際にかなりの成功を収める可能性があるという。Huberty氏が米国時間7月14日、投資家への調査報告書で述べたところによると、AppleはiWatchの価格を300ドルに設定し、発売後の最初の1年間に3000万~6000万台を販売する見通しだという。

「Raspberry Pi」に新モデル「B+」が登場--ポート増設や省電力を実現

 「Linux」を搭載したマイクロコンピュータ「Raspberry Pi」の最新版「Model B+」が発売された。米国時間7月14日に発売となったModel B+は、先代の「Model B」と同じ価格の35ドルだが、Raspberry Pi愛好者から多く寄せられた要望を受けて、いくつかの変更や改善が加えられている。低消費電力デバイスの開発競争が激化する中、新要素を追加したRaspberry Piはさらに便利で魅力的なDIYプラットフォームになるはずだ。

-PR-企画特集