logo

ビデオリサーチ、録画番組再生率を発表--トップは「ルーズヴェルト・ゲーム」

加納恵 (編集部)2014年07月15日 10時55分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ビデオリサーチは7月14日、録画番組の再生視聴(タイムシフト視聴)に関する動向をまとめた調査データの一部を公開した。2014年4~6月におけるタイムシフト視聴の多い番組がわかる。

 これは、昨今のテレビ視聴動向の変化を捉え、タイムシフト視聴動向の把握に向けた取り組みとして実施したもの。同社では2013年10月から関東地区の視聴率調査仕様に準じたタイムシフト調査を開始していた。

 今回の調査は、関東地区視聴率調査と同一エリアで実施され、調査対象数は300世帯、約800人。2014年4~6月におけるタイムシフト視聴(7日内の番組再生視聴)が多い上位10番組は以下の通り。それ以降の順位についてもウェブサイトで公開している。

  • 1位:日曜劇場・ルーズヴェルト・ゲーム
  • 2位:笑っていいとも! ※最終回
  • 2位:木曜ドラマ劇場・MOZU Season1・百舌の叫ぶ夜
  • 4位:金曜ドラマ・アリスの棘
  • 5位:木曜劇場・続・最後から二番目の恋
  • 6位:木曜ドラマ・BORDER
  • 7位:笑っていいとも!グランドフィナーレ感謝の超特大号
  • 7位:SMOKING GUN・決定的証拠
  • 7位:ビター・ブラッド・最悪で最強の親子刑事
  • 7位:花咲舞が黙ってない

 ビデオリサーチでは、タイムシフト視聴に関するデータ提供を2015年1月に開始する予定だ。

-PR-企画特集