logo

スマホゲーム「ラブライブ!」韓国版が配信--NHNエンターテインメントが担当

佐藤和也 (編集部)2014年06月26日 18時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブシロードとKLabは6月26日、スマートフォン向けゲームアプリ「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル」について、韓国版の配信を開始した。

  • (C)2013 プロジェクトラブライブ! (C)KLabGames (C)bushiroad All Rights Reserved.

 本作は、多方面に展開しているスクールアイドルプロジェクト「ラブライブ!」をテーマにしたリズムアクション&アドベンチャーゲーム。ブシロードとKLabが共同開発を行い、日本ではスマートフォン向けサービス「ブシモ」ブランドで、2013年4月よりサービスを開始。2014年に入ってからは海外向けにも配信を行っている。

 韓国版は2月に発表したとおりに、NHNエンターテインメントを通じて配信。同社は韓国NHN Corporationのゲーム事業部門が2013年8月に分割されて発足した企業。ゲームポータルサイト「HANGAME(ハンゲーム)」などを運営している。6月26日からは韓国のGoogle Playより配信を開始し、今後App StoreとT Storeにも配信予定としている。

 韓国ではテレビアニメが現地のケーブルテレビで放送され、2月8日と9日に開催されたライブイベント「ラブライブ!μ's→NEXT LoveLive!2014 ENDLESS PARADE」の海外ライブビューイングでは、チケット販売当日に完売するなどファンが多数存在。また韓国はスマートフォン普及率が7割を超え、モバイルオンラインゲームユーザー数は拡大基調にあるという。本作も5月30日から事前登録を開始し、15日間で5万を超える登録数を記録したとしている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]