logo

ソニー、スマホ約8回分充電ができる高容量モバイルバッテリ--非常用電源にも

加納恵 (編集部)2014年06月26日 15時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは6月26日、モバイルバッテリに高容量の2万mAhを含む4モデルを追加した。いずれもスマートフォンとあわせて持ちやすいスリムなフラットデザインを採用する。全機種ともに発売日は7月20日。

 追加されたのは2万mAhの「CP-B20」、1万mAhの「CP-F10LA」、7000mAhの「CP-F2LA」、5000mAhの「CP-V5」。ボリュームゾーンとなる5000mAh以上の高容量モデルをそろえる。

 2万mAhを実現したCP-B20は、スマートフォンに約8回の充電ができる高容量モデル。USB出力を4ポート備え、4台同時に充電ができ、最大5V/6.9A出力を実現する。サイズは高さ175mm×幅84.4mm×奥行き23.5mmで、重量約550g。50cmのUSBケーブルとACアダプタを付属する。想定税別価格は1万5000円前後。

  • 「CP-B20」

  • USBは4ポートを備える

  • 背面はすっきりとしたデザイン

 1万mAhのCP-F10LAと7000mAhのCP-F2LAは、従来シルバーのみだったボディカラーにブラックを追加した。ともにUSB出力は2ポートを搭載。15cmのUSBケーブルが同梱され、ACアダプタは付属されない。サイズは高さ130.6mm×幅70.4mm×奥行き16.5(F2LAは12.9)mmで重量約260(F2LAは198)g。想定税別価格は1万mAhが8000円前後、7000mAhが6500円前後になる。

 5000mAhのCP-V5は、スマートフォンを約2回充電することが可能。クリームピンク、クリームブルー、ブラック、ホワイト ブラックブルーの5色をそろえ、傷がつきにくい表面加工を施している。サイズは高さ127mm×幅72mm×奥行き12.2mmで、重量約145g。想定税別価格は4000円前後になる。

 すべてのモデルでリチウムイオンポリマバッテリを使用し、充電しながら接続機器への給電が可能。繰り返し使用は約1000回の長寿命モデルになる。

  • 「CP-F2LA」

  • 「CP-V5」

  • 傷がつきにくい凹凸のある表面加工が施されている

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]