logo

ファーウェイがSIMフリー市場に参入--腕時計型など6機種

井指啓吾 (編集部)2014年06月24日 10時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ファーウェイ・ジャパンは6月末以降に、計5機種のSIMロックフリー端末と、Bluetoothヘッドセットが一体になったスマートウォッチ「Talkband B1」を日本で展開すると発表した。まずはSIMロックフリーのAndroidスマートフォン「Ascend G6」を6月末から、ノジマをはじめとした量販店で順次発売するという。

  • Ascend G6

 これまでは主に通信事業者向け製品を販売していたファーウェイだが、新たにSIMロックフリー製品を加え、今後はこの2本の柱で日本市場を開拓。日本マーケットでの通信事業者を通じたビジネス経験と、コストパフォーマンスの良さ、製品レンジの豊富さなどを武器に、SIMロックフリー市場で戦っていく。

 他社の投入端末が1~2機種であるところ、ファーウェイはスマートウォッチをあわせて計6機種を発売する。これついて同社では、今後のユーザーのニーズの変化を踏まえたものとしており、他社と差別化を図る狙いがあるという。

 また、LTEのリーディングカンパニーとしての強みを活かし、SIMロックフリー市場にLTE対応端末を投入する計画。「基本的にはLTEをメインとし、エントリーモデルからハイエンドモデルまでを用意する」(同社)としている。

  • スマートウォッチ「TalkBand B1」

 6月末に発売されるAscend G6は、2013年6月に発表されたフラッグシップモデル「Ascend P6」と同様のスタイリッシュなボディデザインが特徴で、女性でも片手で持ちやすい。ホーム画面のデザインは、操作性を追求した「Emotion UI 2.0」と、シンプルで使いやすい「SIMPLE UI」の2種類から選べる。チップセットはクアルコムのMSM8926(クアッドコア、1.2GHz)で、ストレージは8Gバイト、メモリは1Gバイト。希望小売価格は2万9800円(税別)。

 今後、タブレットシリーズ「mediaPad」の最新製品「MediaPad X1」「MediaPad M1」「MediaPad 7 Youth2」と、5月にフランスで発表されたスマートフォン「Ascend P7」、腕時計型端末「Talkband B1」が展開される予定。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]