カナルワークス、3ウェイ8ドライバを搭載したカスタムイヤホン--高域をより鮮明に

加納恵 (編集部)2014年06月23日 15時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「CW-L71」

 カナルワークスは6月23日、3ウェイ8ドライバを搭載したカスタムイヤホン「CW-L71/L71PSTS」を発表した。高域用に4基のドライバを内蔵する。受注開始は6月28日で、生産は8月から。税別価格はCW-L71が14万円、「パーソナル・サウンド・チューニング・システム(PSTS)」を備えたL71PSTSが15万円になる。

 カスタムイヤホンは、耳型を採取し一人ひとりの耳に合ったインナーイヤーヘッドホンが作れるというもの。カナルワークスでは数少ない国内メーカーとして製作、販売を手がけている。

 CW-L71/L71PSTSは、高域用4基、中域用2基、低域用2基と合計8つのバランスドアーマチュアドライバを内蔵。3ウェイ6ドライバを搭載した「CW-L51a」(税別価格:10万4572円)では、高、中、低域に各2つずつ、デュアルタイプのバランスドアーマチュアドライバを搭載していたのに対し、CW-L71/L71PSTSでは、高域にもう1基デュアルタイプドライバを追加した。これにより高域のディテールが鮮明になり、中低域における各楽器の実在感をさらに増加させたとしている。

 L71PSTSには、本体外側に調整用の部品パーソナル・サウンド・チューニング・システムを搭載。付属の抵抗セットの数値を変更することにより低域の量感から中域のボーカル張り出しを調整可能だ。

 両機種ともにケーブルは交換式で、127cmと162cmから選択が可能。本体の色は21色のカラーバリエーションからチョイスでき、オプションになるが、リアルカーボンプレートやメタルプレート、極細で耐久性に優れた「ステルスケーブル」も選択できる。

 なお、東京・秋葉原のベルサール秋葉原で6月28~29日に開催される「ポータブルオーディオフェスティバル」にて出品される予定だ。

  • 3ウェイ8ドライバを搭載

  • L71PSTSにはPSTSを装備

  • 同梱品

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加