logo

3分で振り返る海外ITニュース(6月17日編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ここでは、6月17日に報じられた主な海外ITニュースをまとめて紹介する。

アマゾン「Appstore」、アプリ本数が1年で約3倍に

 うわさされるスマートフォンに向けた基盤整備を図るオンラインEコマース大手のAmazonは米国時間6月16日、同社の「Appstore」のアプリ本数がこの1年間で3倍近くにまで増加したと発表した。Amazon独自のAppstoreは、主に同社の「Kindle」シリーズの端末を対象としているが、GoogleのモバイルOSである「Android」を搭載する他のタブレットやスマートフォンからもアクセスすることができる。Appstoreは現在、24万本を超えるゲームおよびアプリケーションを、複数の端末を対象に200カ国で提供している。

MSの「Android」特許ライセンス契約、中国商務省のサイトで明らかに

 Microsoftと各種Android搭載端末メーカーの間で取り交わされている特許ライセンス契約に基づき、Microsoftは同社の知的財産(IP)を使用して製造された端末1台ごとに収益を得る。同社はこれまで、法的に求められる場合を除いて、ライセンス契約に含まれる特許とライセンス料を決して公表したことはなかった。しかし、中国商務省(MOFCOM)のウェブサイトに掲載された文書には、ライセンス契約に含まれる特許の全一覧が詳細に記されている。Ars Technicaが報じているように、その特許一覧は、MicrosoftによるNokiaの携帯端末部門の72億ドルでの買収を中国政府が審査した際に提出されたものだった。

サンディスク、同業のフュージョンアイオーを買収へ

 SanDiskは、同業のフラッシュメモリメーカーFusion-ioを買収する。両社が米国時間6月16日に発表した。全額現金によるこの買収において、SanDiskはFusion-ioに1株当たり11.25ドル、総額11億ドルを支払う。この金額はFusion-io株の13日終値に21%のプレミアムを上乗せしたものだ。

MS、「IE Developer Channel」ブラウザを開発者向けにリリース

 Microsoftは米国時間6月16日、開発者などのユーザーを対象に、「Internet Explorer(IE)Developer Channel」ブラウザ第1版のダウンロード提供を開始した。「IE11」を利用している「Windows 7 Service Pack 1」および「Windows 8.1 Update」のユーザー向けにリリースされたDeveloper Channel版は、MicrosoftがIEの次期バージョンで提供する予定の機能をいち早く紹介するものだ。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]