logo

Twitterの最高執行責任者が退任--成長鈍化を受けての幹部刷新か

Zack Whittaker (CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年06月13日 09時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロブログサイトTwitterの最高執行責任者(COO)を務めるAli Rowghani氏は、米国時間6月12日のツイートで退任を発表した。

 Re/codeは前日の11日、TwitterがRowghani氏を含む幹部の刷新を検討していると報じていた。

 米証券取引委員会(SEC)に提出された臨時報告書(フォーム8-K)によると、2010年にTwitterに入社したRowghani氏はCOO職を退任したという。Rowghani氏はTwitterに従業員として残り、最高経営責任者(CEO)であるDick Costolo氏の戦略アドバイザーを務める。

 Rowghani氏の退任を受けて、Twitterは「COO職の後任を採用する予定はない」と述べており、同氏の職務は他の幹部たちが引き受けることになる。

 今回の退任に際し、他にも幹部の刷新があったかどうかは本稿執筆時点で明らかになっていない。

 11日の報道によると、Twitterが幹部陣の刷新に動いた背景には、成長の鈍化と製品の革新も要因としてあるという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

チャネルフィルタ

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]