logo

欧州委員会、アイルランドにおけるアップルの法人税の扱いを調査へ

Zack Whittaker (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2014年06月12日 10時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 欧州委員会(EC)は、28の加盟国の1つであるアイルランドにおけるAppleの法人税の扱いをめぐり調査を開始する。

 今回の報道に先立ち、Appleが国際課税の仕組みの抜け穴を利用して、各国政府に対する納税総額を抑えていると指摘されていた。

 これに対し、Appleは以前、自社は法律に準拠していると述べていた。

 欧州連合(EU)の競争委員会は2013年に、複数の加盟国における法人税の扱いを調査していると述べ、アイルランド政府に正式に情報提供を要請していた。

 Reutersによると、欧州連合(EU)の報道官は本件に関するコメントを拒んでいるという。

 またアイルランドの財務省はReutersに対し、そのような調査についてまったく通知を受けていないと述べている。米議会では、Appleがアイルランドの子会社を課税対象外と主張することで米国において支払うべき多額の税金を逃れているとの声があがっていた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]