logo

アリババ、UCWebを買収--モバイル検索における競争力を強化へ

Francis Bea (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年06月12日 09時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 中国最大のEコマースポータルの1つであるAlibabaが、UCWebの未保有分株式を現金と株式交換によって取得したという。米CNETの取材に対し、UCWebの広報担当者が認めた。

 UCWebは中国で最も人気の高いモバイルウェブブラウザ。Alibabaは買収によって、中国におけるモバイル検索分野での競争力を強化する意向だ。同社は、8月8日とうわさされる新規株式公開(IPO)を目前に控え、事業の強化を図っている。

 UCWebの広報担当者は買収金額について、Baiduがモバイルアプリストアの91 Wireless買収に支払った19億ドルよりも高いことを示唆したが、具体的な数字は明かさなかった。

 AlibabaはこれまでにUCWebの株式保有率を段階的に引き上げてきたため、今回の買収はまったく予期せぬものだったわけではない。もっとも、UCWebの最高経営責任者(CEO)を務めるYu YongFu氏は会社の独立を維持するつもりだと過去に述べており、その発言には相反する結果となった。2012年にはUCWebの最高財務責任者(CFO)Roy Rong氏が同社のIPO計画を論じたこともあったが、その後、中国で不正会計疑惑が浮上し、UCWebの幹部らがIPOの計画を口にすることはなくなった。

 Alibabaは2009年、UCWebの株式を大量に取得し、UCWebの筆頭株主となった。UCWebのブラウザを介した決済でAlibabaとUCWebが提携した際に、両社の関係が密になったとされている。2013年にはAlibabaがUCWebの株式をさらに取得し、その後、同社CEOのJack Ma氏がUCWebの取締役会に加わった。この時点でAlibabaは、UCWeb株式の66%を保有していた。


AlibabaのCEO、Jack Ma氏

 AlibabaとUCWebは2014年4月、中国検索市場においてBaiduやQihooに対抗し、モバイル検索エンジン「Shenme」(sm.com)を提供する合弁会社を設立した。

 UCWebとAlibabaは今回の買収の一環として、Ali UCWeb Mobile Business Groupを設立する予定。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]