logo

オンキヨーとシーメンスが新規音響製品を共同開発へ--デジタルヘルス関連にも意欲

加納恵 (編集部)2014年06月11日 14時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オンキヨーとシーメンス ヒヤリング インスツルメンツ(シーメンス)は6月11日、日本市場における新規音響製品の共同開発を開始すると発表した。デジタルヘルス関連市場も見据えた新規ビジネス分野での事業拡大を目指す。

 シーメンスは、独シーメンスオーディオロジー事業部の日本法人で、1985年に日本国内におけるビジネスを開始。デザイン性の高い補聴器などを展開している。

 今回の共同開発は、オンキヨーのオーディオ技術と品質管理技術、シーメンスの人間工学に基づく製品開発力などを融合し、新規音響製品と高齢者社会に対応するデジタルヘルス関連製品に取り組むことを目的としている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]