logo

税込み13万9800円でより小型化--日本製3Dプリンタ「SCOOVO(スクーボ)X4」

坂本純子 (編集部)2014年06月09日 11時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アビーは6月9日、日本製パーソナル3Dプリンタ「SCOOVO X4」を6月25日に発売すると発表した。

「SCOOVO X4」
「SCOOVO X4」

 6月9日よりアビーストアにて先行予約を開始する。

 本体価格はSCOOVO X4税込み13万9800円で、20万円を超えていた従来製品よりも大幅に低価格化した。

 X4本体は小型化し、サイズは高さ386mm×幅336mm×奥行き267mmとなった。重量は約11.2kg。カラーはシルバーとブラックがラインアップする。

最大造形サイズは高さ180mm×幅140mm×奥行き100mm
最大造形サイズは高さ180mm×幅140mm×奥行き100mm

 X4の積層ピッチは、最小で50 ミクロン(0.05mm)で、上位モデルの「X9」と同等となる。アビーでは、X4の造形性能は、「熱溶解積層方式のパーソナル3D プリンタでは、実質世界最高クラスと言っても過言ではない」と自信を見せる。

X9とX4比較
X9とX4比較

 最大造形サイズは高さ180mm×幅140mm×奥行き100mm。X9(高さ240mm×幅200mm×奥行き170mm)よりもやや小さくなるが、構成のおよそ9割に日本製の部品を採用するなど、日本製ならではの安心感と手頃な価格を特長とし、より一般向けに広げて行きたい考えだ。

 なお、SCOOVOシリーズはこれまでオープンキューブが企画や開発、販売を行ってきたが、6月21日付けでアビーに統合することで合意した。これにより、SCOOVOに関わる今後すべての業務がアビーに統合される。ハードウェア保証およびアフターサポートもオープンキューブからアビーに引継がれる。

 これは3Dプリンタ関連市場における競争力の強化と更なる成長を目的としたものとしている。

  • SCOOVO X4 ブラック

  • SCOOVO X4 シルバー

  • 構成のおよそ9割に日本製の部品を採用

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]