logo

パナソニック、4K仕様の高画質技術を搭載した新「DIGA」ー--4番組の同時録画が可能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは6月4日、BDレコーダー「DIGA」の新製品として、最大4番組の同時録画ができる「DMR-BZT665」を発表した。6月20日に発売する。想定税別価格は7万3000円前後。

  • 「DMR-BZT665」

 DMR-BZT665は、本体に1TバイトのHDDと3チューナーを内蔵し、「スカパー!プレミアムサービスLink(録画)」対応チューナーを使えば、合計4番組をHDDに同時録画することができる。4番組のうち1番組を、USB HDDまたはブルーレイディスクへ記録することも可能だ。

 高速デュアルコアプロセッサ「新UniPhier」を搭載し、3番組とも最長15倍の同時録画が可能。長時間録画も、「アドバンスドAVCエンコーダー」により、画質の低下を抑えた録画を可能としている。

 ハイビジョン領域の色信号補間を経ずに、デコードしたハイビジョン信号からダイレクトに4K信号にアップコンバートする「4Kダイレクトクロマアップコンバート方式」を採用し、自然な質感と立体感にあふれた映像を実現。市販ブルーレイディスクタイトルの24p素材に加え、ハイビジョン放送などの映画素材も、4K/24pへのアップコンバート出力に対応した。

 さらに、ビット拡張データを市販ブルーレイディスクに記録して、最大36ビットの高階調映像を実現する「マスターグレードビデオコーディング」技術を採用。業務用スタジオマスターと同等の、滑らかで質感豊かな高階調映像が楽しめるという。

 新「おまかせ録画」により、複数条件を組み合わせて、関連番組をさらに高精度で自動録画することが可能。「外からどこでもスマホで視聴」に対応し、外出先からでも、専用アプリをダウンロードしたスマートフォンから、ブロードバンド回線経由で録画番組や放送などを楽しむことができる。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]