logo

「iOS」向けアプリ「Marco Polo」--行方不明のデバイスを遊び感覚で発見

Rusty Blazenhoff (CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年06月02日 10時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「iPhone」と「iPad」、および「iPod touch」向けに先ごろ公開された「Marco Polo」アプリを利用すれば、大声で「マルコ!」と叫ぶだけで、行方不明のデバイスを見つけることができる。デバイスは「ポーロ!」と返事をするので、ユーザーはどこを探せばいいのかが分かる。

 出番が来るまでバックグランドで静かに動作するMarco Poloは、30種類の音声オプションでカスタマイズすることが可能だ。呼びかけと返事のフレーズもカスタマイズ可能なので、自分の好きな言葉を叫ぶことができる(筆者のお気に入りは、「ホーリー!」と「モーリー!」)。

 このアプリを開発したのは、トロントに拠点を置くデザイナー兼開発者のMatt Wiechec氏だ。

 「スマートフォンがソファーのクッションの間に入り込んだり、コーヒーテーブルの上やトイレの中に放置されたりして行方が分からなくなったとき、探す作業が楽しくなる。自分のスマートフォンと鬼ごっこをするような感じだ。『マルコ!』と叫びながら家中を歩き回ると、別の部屋でスマートフォンが『ポーロ!』と答えてくれる」(Wiechec氏)


 Marco Poloは「iTunes Store」で99セント(0.69ポンド、1.29オーストラリアドル、100円)で販売されており、世界中のユーザーが購入できる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]