logo

アユート、フラッグシップ機のパフォーマンスを受け継いだAK120第2世代機

加納恵 (編集部)2014年05月30日 18時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アユートは5月30日、Astell&Kernブランドのハイレゾプレーヤー「Astell&Kern AK120II 128GB ストーンシルバー」(AK120II )を発表した。最大384kHz/32bitのハイレゾPCMとDSD128(5.6MHz/1bit)再生に対応する。発売は6月13日。直販サイト価格は20万8000円になる。

 AK120IIは、AK120の第2世代モデル。5月中旬に独ミュンヘンで開催された「HIGH END 2014」に出展されていたが、日本での発売時期や価格は明らかにされていなかった。

 同社のフラッグシップモデル「AK240」同様のシーラス・ロジック製ハイエンドDAC-IC「CS4398」を2つ搭載したデュアルDAC構成で、バランス出力にも対応。128Gバイトの内蔵メモリのほか、最大128GバイトまでサポートしたmicroDSXCカードスロットも備え、最大256Gバイトの大容量を実現する。

  • 「Astell&Kern AK120II 128GB ストーンシルバー」

  • microDSXCカードスロットを備える

  • 背面には「A」のロゴパターンをデザイン

 対応ファイル形式はWAV、FLAC、WMA、MP3、OGG、APE、AAC、ALAC、AIFF、DFF、DSF、PCM最大384kHz/32bit、DSD最大5.6MHz/16bit。ギャップレス再生に対応するほか、USB-DACとしての使用可能だ。

 本体には3.31型の有機ELディスプレイを備え、タッチ操作に対応。Wi-Fi機能を搭載することで、PC内の音楽ファイルをダウンロードできるほか、将来的には特定の音楽配信サイトからハイレゾ音源の楽曲購入、ダウンロードにも対応予定としている。

 サイズは高さ118mm×幅55mm×奥行き14.9mmで、重量約177g。対応OSはWindows 8/8.1、7、Vista、XPとMac OS X 10.7以上。電源にはリチウムポリマ充電池を使用する。イタリアの皮革ブランド「BUTTERO」が手がけた専用レザーケース、画面用保護シート、microUSBケーブルなどが付属する。

 なお、HIGH END 2014で同時に発表された「AK100 II」については、ファームウェアの最終調整により7月中旬頃の発売を予定している。

  • 電源オン、オフのほか、ヘッドホン出力、バランス出力を備える

  • microUSB端子

  • イタリアンプレミアムレザーを採用した専用ケースが付属する

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]