logo

TGS2014、インディーズゲームコーナーの出展料が無料に--SCEがスポンサー

佐藤和也 (編集部)2014年05月28日 14時44分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 コンピュータエンターテインメント協会(CESA)と日経BPは5月28日、9月18日から21日まで幕張メッセにて行われる東京ゲームショウ2014について、インディーズゲームコーナーの出展料を無料としたことを発表した。なお出展募集期間も、5月30日までから6月11日まで延長される。

 これはインディーズゲームコーナーと、「SENSE OF WONDER NIGHT 2014」のスペシャルスポンサーにソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)が決定したことにともなうもの。インディーゲームコーナーの出展料金は4日間出展で9万9900円、一般公開日の2日間出展は3万2400円となっていたが、SCEが全額をサポートする。また、出展作品のプラットフォームは問わないとしている。出展ブースは最大50ブースを予定。選考は東京ゲームショウ事務局が行なう。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]