logo

多彩なファイル転送と注釈機能が魅力--iOS向けPDFビューア「PDF Reader Premium」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「PDF Reader Premium」は、高機能なPDFビューアアプリだ。さまざまな方法でPDFファイルを取り込んで管理し多彩な表示モードで閲覧できるほか、注釈ツールが充実していることも強みだ。

  • 取り込んだPDFファイルはフォルダを作って管理できる。各ファイルをタップすると名前の変更、圧縮などが可能

 PDFデータの取り込み方法は、ブラウザダウンロード、URLを指定しての直接、Wi-Fiでの転送のほか、WebDAV、FTPをサポート。またクラウドストレージは、Dropbox、Googleドライブ、Googleドキュメント、Box、SugarSync、Mydisk.seなど多岐にわたる。このほかカメラロール内の画像をPDF化することもでき、その際は明るさやコントラストの調整、トリミング、閲覧パスワードの設定も同時に行える。

 ビューアとしての機能は、スクロール方向を水平もしくは垂直で切り替えられるほか、自動スクロールもサポート。リフロー表示にも対応しているので、テキストだけを抽出してコピーするのも容易だ。このほかキーワード検索やページ指定ジャンプ、ページのサムネイル表示、ファイルの複製などもサポートしている。細かいところでは、ZIP圧縮および解凍に対応しているのも便利だ。

 本アプリの強みといえるのが注釈機能だ。蛍光ペン、下線、取り消し線、線、矢印、スタンプ、四角、円など利用できるツールの種類は盛りだくさんで、画面上でさまざまな注釈を記入できる。ただしAcrobatと完全な互換性はないようで、試した限りでは、Acrobatで記入した注釈のうち、テキストボックスや雲形・多角形など一部ツールは本アプリでは表示されなかった。逆に本アプリで記入した注釈はAcrobatおよびReaderでも問題なく表示できたので、新規に注釈を記入するツールとして使うほうがよさそうだ。

 フォルダにパスワードをかけて保管できるなど、さまざまなPDFファイルを取り込んで管理するのに適したアプリだが、ネックとなるのがメニューの日本語訳が不自然なこと。アイコンのグラフィックが直感的でなく、タップしてみないと動作が予想できないケースが多いことも足を引っ張っている。機能は優れているので、インターフェースまわりを中心としたブラッシュアップを期待したいところだ。

  • ファイルの取り込み方法は、Wi-Fiでの直接転送のほか、ブラウザダウンロード、オンラインストレージからのダウンロードなど多彩。日本語訳が多少怪しい

  • オンラインストレージはDropboxのほかGoogle Drive、Googleドキュメント、Box、SugarSyncなどに対応。WebDAVやFTPもサポートする

  • PDFを表示した状態。右下のアイコンをタップして操作を選択するが、意味がわかりづらいのがネック

  • 上部バーに表示される注釈ツールから必要なものをタップし、PDFに注釈を記入できる

  • サムネイル表示もサポートするが、ページ削除や順序入れ替えなどの機能はないようだ

  • テキストを抽出できるリフロー処理もサポートする

  • 写真またはカメラロールから画像を読み込み、台形補正やホワイトバランス調整を行ってPDFに変換する機能を備える

  • 閲覧パスワードがかかったPDFも開けるので、外出先でパスワード付きPDFを受信した際の表示にも適している。表示されている日本語と英語の意味がまったく違っているのはご愛嬌

  • スクロールモードを水平と垂直から選べるなど、細かいカスタマイズが可能。前回紹介した「PDF Connect」に酷似しているが、発売元も異なるほか、オミットされている機能も多い

>PDF Reader Premiumのダウンロードはこちらから

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]