logo

米ヤフー、SnapchatライクなメッセージアプリのBlinkを買収

Richard Nieva (CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年05月14日 11時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 モバイルアプリ「Blink」の開発チームが米国時間5月13日、米Yahooに買収されたことをブログ投稿で発表した。Blinkは、短時間で消滅するテキストや写真、音声情報などを送信できるアプリ。同じようにすぐに情報が消滅するメッセージングアプリとしては「Snapchat」が有名だ。

 買収に伴い、BlinkはAppleの「iOS」とGoogleの「Android」の両OS向けのアプリの提供を停止する。Yahooの広報担当が米CNETに明かしたところによれば、チームの7名はカリフォルニア州サニーベールのYahoo本社に移籍し、同社の「スマートコミュニケーション製品」の仕事をするという。

 「BlinkのビジョンをYahooに持ち込むことにより、どのような可能性が開けるかを楽しみにしている」とBlinkのブログには書かれている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]