logo

DeNA、「マンガボックス」連載作品の単行本・電子書籍の販売を開始

佐藤和也 (編集部)2014年05月09日 11時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ディー・エヌ・エー(DeNA)は5月9日、マンガ雑誌アプリ「マンガボックス」の連載作品を初めて書籍化し、単行本と電子書籍での販売を開始した。

 単行本は講談社コミックスとして全国の書店やコンビニエンスストアにて発売。対象作品は「高遠少年の事件簿」や「ビリオンドッグズ」、「穴殺人」をはじめとした11作品。価格は「天空侵犯」のみ税別で560円、それ以外が税別で429円。

 電子書籍はマンガボックス内で有料配信する。対象作品は書籍化する11作品に加え、既に単行本としても発売中の2作品を加えた13作品。価格は「天空侵犯」のみ税込で500円、それ以外が税込で400円となっている。また今後も連載作品の単行本化や電子書籍化を随時行っていくとしている。

  • 「高遠少年の事件簿」

  • 「穴殺人」

  • 「ビリオンドッグズ」

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]