logo

[ブックレビュー]たった3年で上達する--「世界の非ネイティブエリートがやっている英語勉強法」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中経出版
詳細:単行本(ソフトカバー) / 191ページ / KADOKAWA/中経出版 / 価格:1512円 / 著者:斉藤 淳 / 発売日:2014/03/01 / 外形寸法 (H×W×D):18.8cm×12.8cm×1.8cm / 重量:0.2 kg
内容:英語が上達しないのは、勉強のやり方が間違っているのでは? という根本に立ち戻り「見て」「実践」することで、上達を促す本書。イェール大で教鞭をとっていた著者だからこそわかる英語ができるようになる秘訣。
Amazon.co.jpアソシエイト

 何年も勉強しているのに、英語で満足にコミュニケーションが取れない場合は、根本的なやり方が間違っているのかもしれない。たとえば、ネイティブではなくても、イェール大学で英語を勉強した人は、3年で流暢に話せるほど上達するという。英語力を身につけたいと思っている人ならその秘訣を知りたいのは当然だ。

 イェール大学に入るほどのエリートなのだから、頭が良くて当然、英語もできて当然と思うのもムリはない。しかし、そういう思い込みを捨てて本書を読めば、「頭がいい」ことと、英語ができるようになることとは、それほど関係がないことが分かるだろう。「正しいやり方」でやっているかどうかが問題であって、頭がいいかどうかは問題ではないのだ。

 本書では、従来の「読み書き」を中心にした勉強法ではなく、「見て、体で実践」する勉強法を推奨している。見て、実践することは、つまり、「動画」を中心とした学習になるが、もちろんそれだけではない。また、動画にしても、どのような動画をどのように利用するのかが重要だ。それについては、レベルごとにお勧めの教材が多数紹介されている。さらに、発音の矯正、文法の習得、単語の増強などについても、さまざまな教材と実践的なやり方が紹介されている。本気で英語を駆使してコミュニケーションできるようになりたい人には、非常に参考になるはずだ。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]