logo

ソニー、-防水や高出力モデルと追加しパワーアップしたBluetoothスピーカ-

加納恵 (編集部)2014年05月07日 13時22分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは5月7日、Bluetoothスピーカに球形デザインの「SRS-X1」と20Wの高出力を実現した「SRS-X2」を発表した。いずれも発売は6月21日。想定税別価格はX1が8500円前後、X2が9500円前後になる。

 現在、右肩上がりに推移するBluetoothスピーカ市場だが、ソニーでは購入者アンケートから音、サイズ、デザインといった基本性能が求められていると判断。基本性能を満たした上で、防水や高出力といったプラスαをもたせたモデルを開発した。

  • 「SRS-X1」

 X1は、2013年に登場した「SRS-BTV5」同様の球形デザインを採用。従来同様1つでモノラルスピーカとして使用できるほか、ステレオペアリングをすることでステレオスピーカとしても使用可能だ。

 バスルームやキッチンなどの水回りでも使用できるIPX5/IPX7相当の防水性能を装備。360度に広がる音場「Circle Sound Stage(サークル サウンド ステージ)」と底面に備えたパッシブラジエータにより、コンパクトサイズながら部屋のどこにいても、同じような音場で音楽が再生できる。

 サイズは高さ78mm×幅80.5mm×奥行き78mmで、重量約185g。リチウムイオン充電池を内蔵し、最大約12時間の連続再生が可能だ。ボディカラーはブラック、バイオレット、ホワイト、ピンクの4色。

  • 効率よく音を広げるディフューザーを搭載

  • ボリュームボタンなどは背面に装備

  • ステレオミニ端子とmicroUSB端子

  • 「SRS-X2」

 X2は、実用最大出力20Wを実現した高出力モデルだ。45mmのフルレンジスピーカ2つを内蔵し、バスレフ構造を採用することで迫力の大音量を再現。音場が広がるサウンドモードも用意する。

 サイズは高さ60.5mm×幅171mm×奥行き56.5mmで、重量約500g。リチウムイオン充電池を内蔵し、約5時間の充電で、約5時間の連続再生に対応する。ボディカラーはブラックとホワイトの2色。

 両機種ともにステレオミニ端子を装備し、デジタルオーディオプレーヤーなどとの有線接続も可能。キャリングポーチがそれぞれ付属する。

  • 45mmのフルレンジスピーカ2つを内蔵

  • 操作ボタンは天面に集中

  • ステレオミニ端子とmicroUSB端子

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]