logo

ヤマハ、全段フルバランス伝送方式採用のHiFiコンポーネント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤマハは4月24日、CDプレーヤー「CD-S2100」とプリメインアンプ「A-S2100」の2機種を発表した。6月下旬に発売する。税別価格は各25万円。

 CD-S2100とA-S2100は、2007年に発売したフラッグシップモデル「CD-S3000」と「A-S3000」の設計思想を受け継ぎつつ、新系列のHiFiコンポーネントシステムとして企画、開発したもの。全段フルディスクリート構成とフルバランス伝送を特長としている。

  • 「CD-S2100」

 CD-S2100には、専用設計の「ハイプレシジョン・リジッド CDメカニズム」を搭載し、制振性と信号読み取り精度の向上を図った。「メッシュドワイヤードライブ方式ディスクローダー機構」により、静かでスムースなトレイ開閉を実現している。

 D/Aコンバータには、ESS製の32bit D/Aコンバーター「SABRE32 Ultra DAC」を採用。ヤマハオリジナルのUSBデバイスコントローラICと、ASIO2.3準拠のヤマハ・スタインバーグ製ドライーを採用したUSB DAC機能により、DSDのネイティブ再生にも対応した。

 外観はピアノブラック仕上げのサイドウッドで、CDトレイはアルミダイキャスト製。サイズは高さ137mm×幅435mm×奥行き438mmで、重量は15.6kgとなっている。

  • 「A-S2100」

 A-S2100は、同じくフルバランス伝送を採用したCD-S2100との組み合わせにより、D/Aコンバータ出力からスピーカ端子間の、全段フルディスクリート構成とフルバランス伝送を可能としている。

 パワーアンプ部を左右に振り分け、優れたチャンネルセパレーションを確保。プリアンプ部は端子至近のリアパネル側に配置することで、信号経路を最短化した。主要グラウンドポイントのネジ止め結線や大電流経路の容量強化など、徹底したローインピーダンス設計により、力強い低域再生を実現したという。

 外観はピアノブラック仕上げサイドパネル。上位モデルの「A-S3000」と共通の外観デザインを採用し、ピーク/VU切り換え式レベルメータを配した。サイズは高さ157mm×幅435mm×奥行き463mmで、重量は23.4kgとなっている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]