logo

ソフトバンクとGEソフトウェア、IoT分野で共同開発へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクテレコムとGEソフトウェアは4月22日、企業向けIoT(Internet of Things)、M2M(Machine to Machine)といったインダストリアルインターネット分野で提携したことを発表した。予測分析ソフトウェアと通信機器をベースに、M2M技術を組み合わせたプラットフォームを共同開発するという。

 今回の提携では、ソフトバンクテレコムのグローバルネットワーク、モバイル、M2M技術と、GEのソフトウェアを組み合わせ、M2Mセンサーネットワークから収集したデータを分析することで、産業機械や工業製品などの資産管理の最適化、事業のコスト削減や業務効率化といった、企業向けM2Mソリューションを推進。自動車業界、建設業界、農業などさまざまな産業分野への展開を目指すという。

 発表の中で、GEソフトウェア チーフマーケティングオフィサーのジョン・マギー氏は、「『インダストリアル・インターネット』により、さまざまな業種でビジネスを変革していくというビジョンを両社は共有している。世界を代表する私たち2社のコラボレーションを通じて、より結びついた『世界』が実現できるだろう」とコメント。

 また、ソフトバンクテレコム 取締役専務執行役員の今井康之氏は「セキュアなネットワークとモバイル技術をコアに、IoT、M2Mのソリューションによって全ての人とモノがつながる社会を実現し、そこから生まれる価値を徹底的に追求する」と語っている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]