logo

川崎駅に超大型巨人が出現!?--「進撃の巨人」プロジェクションマッピング

藤井涼 (編集部)2014年04月11日 12時36分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「都市の中心であなたは目撃する。実物大で迫る巨人たちを」――累計発行部数3600万部を誇る人気漫画「進撃の巨人」のコミックス最新13巻の発売を記念し、高層ビルに60m級の超大型巨人を投影するプロジェクションマッピング「ATTACK THE REAL」が、4月10日にラゾーナ川崎プラザで披露された。同日から4月12日まで開催される。

  • 川崎駅に超大型巨人が出現

 プロジェクションマッピングでは、実物大で迫る巨人を駆逐すべく、立体機動を駆使して空を舞うエレンやミカサ、リヴァイの姿を、迫力のある映像で再現。演出を担当したのは、東京駅の3Dプロジェクションマッピングや、東京国立博物館のプロジェクションマッピングを手がけたNAKEDの村松亮太郎氏だ。

 事前に予告していたこともあり、初日となる4月10日には、会場のルーファ広場に大勢のファンが詰めかけ、等身大の超大型巨人に歓声をあげていた。プロジェクションマッピングは、4月11~12日の夜にそれぞれ3回(19時~、19時半~、20時~)上映される予定だ。

 なお、今回のプロジェクションマッピングはKDDIが協賛している。同社は2013年12月末に開催された同人誌の即売会「コミックマーケット85」に進撃の巨人仕様の“痛基地局”を配備。さらに講談社とともにスマートフォン向け公式サイトとなる「進撃の巨人 for auスマートパス」を公開するなど、進撃の巨人とのさまざまなコラボを実現してきた。プロジェクションマッピングでも、auスマートパス会員限定の特別観覧チケットを抽選で提供している。

  • イベント開始30分前。すでに会場がファンで埋まりつつある。

  • カウントダウンの後、プロジェクションマッピングがスタート。

  • 迫り来る巨人の足音に恐怖する調査兵団

  • 鎧の巨人が出現し壁を破壊

  • 立体機動を駆使して巨人に立ち向かう調査兵団

  • そして最後に60m級の超大型巨人が・・・

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]