logo

HTC、第1四半期決算を発表--予想を上回る損失

Zack Whittaker (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2014年04月08日 12時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 強豪がひしめくスマートフォン市場で苦戦を続けているHTCは、2014年第1四半期の決算を発表した。同決算では損失が予想を上回った。

 HTCは、主力のスマートフォン製品群が高い評価を受けているにもかかわらず、約6200万ドルの純損失を計上した。なお、前年同期は、8500万台湾ドル(約282万ドル)の純利益を計上していた。

 アナリストらは5200万ドルの損失を予想していた。

 同社によると1-3月期の売上高は10億900万ドルだったという。これは前年同期比22%減に相当する。

 HTCは、Appleとサムスンに次いで3位のシェアを獲得していたこともあるが、現在では世界のスマートフォン市場におけるシェアは2%となっており、2011年の11%超から低下している。

 HTCは3月、同社の主力携帯「HTC One」を改良した「HTC One M8」を発表した。同社はこの製品によって顧客の心をAppleやサムスンから引き離したいと願っている。

3月に発表され、評価が高かったHTC One M8
3月に発表され、評価が高かったHTC One M8
提供:CNET/CBS Interactive

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したもので す。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]