logo

パナソニック、シアターバー2機種とシアターボードを発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは4月7日、ワイヤレスサブウーファ採用のシアターバー「SC-HTB880/HTB580」(HTB880/HTB580)と、薄型のシアターボード「SC-HTE180」(HTE180)を発表した。5月16日に発売する。店頭想定税別価格はHTB880が7万6000円前後、HTB580が4万3000円前後、HTE180が3万6000円前後。

 シアターバー2機種は、バータイプのスピーカとサブウーファを2.4GHz周波数でワイヤレス接続する、ワイヤレスサブウーファを採用。高さ約5cmの低背設計により、テレビの前に置いても画面と重なりにくい。側面は音に的確な指向性をもたせるため、三角形のデザインになっている。

  • 「SC-HTB880」、「SC-HTB580」

 HTB880は5.1chサラウンド、HTB580は3.1chサラウンドのマルチチャンネルにより、迫力の高音質を実現。HTB880のみ4K60p 4:4:4フォーマットの映像信号に対応しており、BDプレーヤーなどの4K映像信号をテレビに送信できる。

 本体サイズは、HTB880が高さ51mm×幅1125mm×奥行き121mmで、重量約3.1kg。HTB580が高さ53mm×幅950mm×奥行き110mmで、重量約2.6kg。サブウーファはともに高さ408mm×幅180mm×奥行き306mmで、重量約5.4(HTB580は約5.0)kgとなっている。

  • 「SC-HTE180」

 シアターボードHTE180は、58V型までのテレビの下に設置可能な台座タイプ。高さ約60mmの薄型ながら、フルレンジユニットとサブウーファをそれぞれ2個搭載した2.1chサラウンドで、迫力の重低音を実現した。

 サイズは高さ60mm×幅700mm×奥行き365mmで、重量約4.5kg。低域部分を仮想再生する「H.BASS」を搭載し、欠落した信号を人間の頭の中で擬似的に知覚できるように再現できる。

 3機種すべてで、Bluetoothを内蔵し、対応するスマートフォンなどとワイヤレス接続が可能だ。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]