logo

ソニー、ハイレゾ再生もできるスピーカシステム「CSシリーズ」--ホームシアター用途も

加納恵 (編集部)2014年04月07日 19時35分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 左から「SS-CS3/CS5」

 ソニーは4月7日、スピーカシステムの新製品を発表した。「WD(Wide Dispersion)スーパートゥイーター」を搭載した「SS-CS3」を含む、4モデルを追加する。発売は5月20日。

 発表されたのは、WDスーパートゥイーターを搭載し、ハイレゾ再生に対応する「SS-CS3/CS5」(CS3/CS5)、センタースピーカの「SS-CS8」(CS8)、サブウーファの「SA-CS9」(CS9)。全機種に独自の「MRC(発泡マイカ)」素材を採用した振動板を採用し、音色を統一している。

  • 左から「SS-CS8」「SA-CS9」

 CS3はフロアスタンディング型、CS5はブックシェルフ型のスピーカシステム。両機種ともに独自の19mmWDスーパートゥイータと、25mmのソフトドーム型トゥイータを1つずつ搭載。130mmのコーン型ウーファのみCS3は2つ、CS5は1つ備える。

 CS8は、25mmのドーム型トゥイータと100mmのコーン型ウーファを2つ内蔵した2ウェイ3スピーカシステム。高さ146mm×幅430mm×奥行き220mmのコンパクトサイズで、テレビラックなどに設置しやすい。

 CS9は、250mmのコーン型ウーファを1つ搭載したアクティブサブウーファ。最大出力115Wのアンプを内蔵し、迫力ある低音を再現する。

  • SS-CS3(価格:1万6000円/1台)
  • SS-CS5(価格:2万1000円/ペア)
  • SS-CS8(価格:1万1000円)
  • SA-CS9(価格:2万1000円)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]