logo

ひかりTV、日本初上陸のゲームや専門チャンネルを提供--2014年度事業展開

加納恵 (編集部)2014年04月07日 19時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTぷららは4月7日、2014年度の事業展開について説明会を開催した。4K VODトライアル配信の開始を含む今後の展開やスマートTVへの取り組みについて、代表取締役社長の板東浩二氏が説明した。


NTTぷらら 代表取締役社長の板東浩二氏

 新サービスとして新たに発表されたのは、4K VODトライアル配信のほか、ペット専用チャンネル「DOGTV」の放送開始、「ひかりTVゲーム」におけるディズニーのゲームコンテンツの提供など。こうした新サービスに加え、テレビ向けサービスのマルチネットワーク対応、放送サービスのモバイル配信などを実施し、スマートTVシステムを強化していく。

 板東氏は「スマートTVの仕組みはほぼ確立できたと考えている。今後の課題はこのプラットフォームの上に新しいサービスやコンテンツを拡充していくこと。日本最大規模のプラットフォームにしたい」と意欲を見せる。

 ひかりTVが、スマートTVを進化させる新たな取り組みとして挙げたのは

  • スマートTVを進化させる新たな取り組み

  • ベーシックチャンネルのハイビジョン化率100%
  • 日本初上陸ゲームタイトルを含めたゲームタイトルの拡充
  • ひかりTVミュージック提供楽曲1000万曲へ拡充
  • ペット専門チャンネル「DOGTV」の国内初提供
  • 映像サービスのマルチネットワーク/マルチデバイス対応推進

の5つ。ハイビジョン化率では、ベーシックチャンネルで5月1日に全チャンネルのハイビジョン化を実現。プレミアムチャンネルなどを含めた全チャンネルでも93%のハイビジョン化率を誇る。また、ひかりTVミュージックでは2014年3月末で約150万曲ある提供楽曲を2014年9月末には約780万曲、2015年3月末には約1000万曲まで拡充することを明らかにした。

  • ひかりTVゲームに日本発上陸となるディズニーのゲームコンテンツを追加

 ひかりTVゲームでは、ディズニーとディズニー/ピクサーの人気ゲームを6月より提供する。日本初上陸となる「プレーンズ」「トイ・ストーリー3」「メリダとおそろしの森」を先行配信するほか、合計6タイトルをラインアップする。ひかりTVでは多チャンネル放送、VOD作品に加えゲームタイトルを追加することで「ディズニーを楽しむなら、ひかりTV」をテーマに訴求していく方針だ。

  • DOGTVはペット専用の専門チャンネルになる

 新たに提供されるDOGTVは、留守番している犬のリラクゼーションやストレス緩和を目的に放送が開始された、犬のための専門チャンネル。犬の視覚や聴覚、生活サイクルにあわせて編成されているとのこと。2013年に米国で放送が開始されており、国内での放送は初。放送は6月1日にスタートし、月額税込1994円で視聴できる。

 映像サービスのマルチネットワーク/マルチデバイス対応については、フレッツ光以外の光・ADSL回線でもVODや放送サービスの映像配信を可能にする。対応予定は2014年度内。スマートフォンやタブレットへの映像配信については、携帯キャリアのネットワークを使っての放送サービス受信を第2四半期には可能にする予定だ。

  • ひかりTVの目指す方向性

 板東氏は「スマートTVと一言でいっても、人によって言うことも違うし、どう変化するかわからない部分もある。1つ参考になるのはモバイル端末。携帯電話がインターネットにつながって10年も経たないうちにスマートフォンへと進化した。テレビもインターネットにつながることで大きく変わっていくのではないかと思う。そこに大きなビジネスチャンスがあるのではないか。乗り遅れないようにしたい」とスマートTVの今後を見据えた。

 ひかりTVの2014年3月末の会員数は約282万人。2015年3月末の会員数目標を320万人としており、2013年同様の純増数を目指すとした。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]