logo

MS、「Windows Phone 8.1」を発表--「Action Center」など新機能を導入

Richard Nieva (CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年04月03日 08時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サンフランシスコ発--Microsoftは米国時間4月2日、同社のモバイルOSに対するアップデートを発表した。刷新された同ソフトウェアにおいて最も注目すべき点は、「Action Center」が追加されたことと、同ソフトウェア待望のデジタルアシスタント機能「Cortana」が導入されたことだ。

 「Windows Phone」プログラム管理担当コーポレートバイスプレジデント兼マネージャーを務めるJoe Belfiore氏は、「『Windows Phone 8.1』は技術よりもユーザーを重視している」と述べた。

 Belfiore氏は、同OSは「今後数カ月のうちに」提供開始される予定だが、同ソフトウェアを搭載する新端末の出荷は4月と5月になる予定だと述べた。同ソフトウェアは、2014年夏に無線通信を介したアップデートによって全「Lumia」端末に提供される予定だと、Nokia最高経営責任者(CEO)を務めるStephen Elop氏は述べた。

 またBelfiore氏は、MicromaxとPrestigioという2社の端末メーカーが「Windows Phone」端末を新たに製造することも発表した。

 MicrosoftはCortana以外にも、一連の新機能を導入しており、Belfiore氏はこれを「喜ばしいこと」とした。同ソフトウェアの「Action Center」は、Appleの「iOS」やGoogleの「Android」の機能に似たもので、通知の参照や、Wi-Fiや機内モードなど多様なネットワーク設定のオン/オフが可能だ。また、ロック画面がさらにカスタマイズ可能になり、ユーザーは新しいスタイルビューから選択できるようになっている。「Wi-Fi Sense」という新しい機能では、パスワードを入力することなく近くのネットワークに自動的に接続することができるほか、自宅のWi-Fiを、パスワードを教えることなく共有することができる。

 Belfiore氏は、新しいジェスチャキーボードも紹介した。Androidで提供されている「Swype」機能に良く似ている。しかしBelfiore氏は、Microsoftのバージョンは、スピードにおいて競合企業に対抗できると考えている。これを証明するために、Microsoftは舞台裏でタイプ早打ちコンテストを実施した。ギネス認定の世界記録を保持しているのはサムスンの「GALAXY S4」だが、Microsoftのキーボードを使用したタイピストは長く複雑な例文を17秒で端末に入力し、その記録を更新した。


Windows Phone 8.1のキーボードを操作する様子
提供:James Martin/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]