横浜市とドコモ、レンタサイクル「baybike」を本格始動--400台を設置

藤井涼 (編集部)2014年03月27日 10時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 横浜市とNTTドコモは、自転車の共同利用サービス「横浜コミュニティサイクル baybike(ベイバイク)」を本格提供することを発表した。都市部の活性化や環境に配慮した取り組みとして、2011年4月から3年ほど試験的に実施してきたが、一定の成果が得られたことから、2014年4月1日~2019年3月31日まで本格展開するとしている。なお、事業者との協議により、最大10年間まで延長する。

  • 自転車本体のイメージ

 baybikeは、従来のレンタルサイクルとは異なり、街の中に複数のサイクルポート(貸出・返却拠点)を設置して、どこのサイクルポートでも自転車の貸出しや返却が自由にできる。利用者は、コントロールパネルにICカードやスマートフォンなどの会員証をタッチすることで自転車を借りられる。

 横浜都心部(みなとみらい21地区、関内地区など)の34カ所のサイクルポートに約400台の自転車を設置する。これはドコモが開発したポートレス型の通信システム付自転車で、本体に通信機能やGPS機能、遠隔制御機能が搭載されている。将来的には1000台まで増やす予定だという。

 利用可能な時間は6~22時で、基本料金は月に何回でも利用でき予約も可能な「月額会員プラン」が月額1500円。予約ができない「1回利用プラン」は乗車につき都度100円がかかる。最初の60分は無料で、30分超過するごとに100円の延長料金がかかる。決済方法はクレジットカードのみ。


サービスの利用イメージ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加