logo

ジェット機並み「世界最大のテレビ」、米テキサス州にお目見え

Michael Franco (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年03月24日 12時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 テキサス州では何もかもが大きいと言われており、それを裏付けるように今回はテレビが登場した。

 この「Big Hoss」テレビは米国時間3月19日夜、フォートワースにあるテキサスモータースピードウェイで、初めて実際の観客の前でスイッチが入れられた。このスクリーンはパナソニックが開発したもので、幅218フィート(約66.4m)、高さ94.6フィート(約28.8m)。これはBoeingで最大の767-400ER機よりも長く、7階建てビルよりも高い。家電として表現すると、2852インチのテレビということになる。画面は2万633.64平方フィート(約1916.9平方メートル)にわたってHD LEDライトを備えており、480万画素と281兆の色を実現する。

 このテレビの視野角は140度あり、同レース場に大きく広がる観客席の人々から見えるようになっている。また、付属の制御室で5人のスタッフが操作する。

 さて、トラックを時速200マイル(約322km)以上で疾走するドライバーが、テレビに目をやることなくコースに視線を保てるよう願いたいものだ。

 2852インチのテレビが自分のものになったら、最初に何を見たいだろうか?


2月、巨大テレビの建設を視察するTexas Motor Speedwayの社長、Eddie Gossage氏。
提供:Sarah Glenn/Getty Images for Texas Motor Speedway

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集