logo

ヤマハ、「Wireless Direct」機能を搭載したネットワーク対応AVアンプ

加納恵 (編集部)2014年03月13日 19時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「RX-V577」

 ヤマハは3月13日、「Wireless Direct」機能を搭載し、ネットワーク音楽プレーヤー機能を強化した7.1chのAVアンプ「RX-V577」(税抜価格:6万6000円)と、有線によるネットワーク機能を備えた5.1chのAVアンプ「RX-V477」(同:5万5000円)を発表した。4月上旬から順次発売する。

  • 「RX-V577」のリアパネル

 V577は、Wi-Fi、Wireless Direct、有線LANによるネットワーク機能を備えたAVアンプ。PCやNASなど、ホームネットワーク内の音楽ファイルをワイヤレスで再生することができ、無線LAN環境がなくてもWireless Directにより、ワイヤレス操作が可能だ。192kHz/24bit・WAV/FLACに加えてApple Losslessの96kHz/24bit再生が可能なハイレゾ対応で、曲間の音の途切れを解消するギャップレス再生もできる。

  • 「RX-V477」

 V477は、有線でネットワーク環境を構築できる5.1ch対応のAVアンプだ。ネットワークオーディオ再生やハイレゾオーディオ再生にも対応する。

 両機種ともに、リアスピーカとフロントスピーカと並べて設置した状態でもサラウンド再生が楽しめるバーチャルサラウンド技術「Virtual CINEMA FRONT」を新搭載。独自の音声創生技術シネマDSP<3Dモード>&VPS(バーチャル・プレゼンス・スピーカー)モードも備える。

 いずれも 4K Ultra HDや3D映像伝送に対応した合計6入力、1出力のHDMI端子を装備。テレビと本機とをHDMIケーブル1本で簡単に接続できるオーディオリターンチャンネル(ARC)にも対応する。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集