東和電子、ステレオで使えるBluetoothスピーカ--買い足しにも対応

加納恵 (編集部)2014年03月13日 12時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「TW-BT55ST」ブリリアントホワイト

 東和電子は3月13日、左右2つのスピーカから構成されるBluetoothステレオスピーカ「TW-BT55ST」(BT55ST)を発表した。発売は4月中旬。店頭想定価格は1万4580円になる。

  • ノーブルブラック

 BT55STは、2013年12月に発売されたBluetoothスピーカ「TW-BT5」(店頭想定価格:1万264円)に増設スピーカ「TW-SP5」(同:4780円)を追加することで、ステレオスピーカとして使用できるというもの。2つのスピーカがセットになったBT55として販売されるほか、BluetoothスピーカBT5、増設スピーカSP5の3タイプが用意される。

 BT5の背面にあるスピーカアウト端子とSP5をケーブル接続することでステレオスピーカとして使用が可能。ケーブルを外せばBT5は単体のBluetoothスピーカとして使用できる。

 スピーカ部は50mmコーン型に55mmの大型マグネットを搭載。プレッシャーボード付きの大型パッシブラジエーターを備え、豊かな低音を再現する。独自のSCDS(Super Charged Drive System)方式により最大出力は10W+10Wだ。

 リチウムイオン充電池で駆動し、最大6時間の使用が可能。約10分間Bluetooth接続がされていないと自動的に電源を切断するオートパワーオフ機能も備える。

 本体には5台までのBluetooth対応機器を登録できるマルチペアリング機能も装備。NFCに対応しているためワンタッチによる接続も可能だ。ボディカラーはブリリアントホワイトとノーブルブラックの2色をそろえる。

  • スピーカのLRは付属のケーブルで接続する

  • 大型デュフューザーにより広い音場を再現

  • Rのスピーカは単体のポータブルスピーカとして使用可能

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加