ソーシャル人材採用サービス「Wantedly」にポートフォリオ機能--実績を紹介可能に

藤井涼 (編集部)2014年03月12日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウォンテッドリーは3月12日、ソーシャルリクルーティングサービス「Wantedly」において、ユーザーがデザイン力やスキルなどを表現できる「ポートフォリオ」と「プロジェクト」機能を公開したことを発表した。

 Wantedlyは、Facebookの実名制を活用し、社員の友達のつながりでエンジニアやデザイナーを採用できるサービス。現在、約2200社の企業と、約7万3000人のユーザーに利用されているという。2月24日にはiPhoneアプリを公開しており、今後はAndroidアプリも提供する予定。

 新たに追加されたポートフォリオ機能では、ドラッグ&ドロップで簡単に作品集を作ることが可能で、人事のみに公開範囲を設定することもできる。また、プロジェクト機能では仕事やプライベートを問わずプロジェクトの実績を登録できる。Wantedlyのつながりでプロジェクトメンバーをタグ付けすることも可能だ。

  • ポートフォリオ機能のイメージ

  • プロジェクト機能のイメージ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加