ニッセイ・キャピタル、低価格リフォーム「リノコ」へ2億円を出資

藤井涼 (編集部)2014年02月28日 09時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 低価格リフォームサービス「リノコ」を運営するセカイエは2月28日、ニッセイ・キャピタルが手がける投資ファンドから、2億円の資金を調達したことを発表した。今回の調達を通じて、広告宣伝や人材採用を進めるとしている。

  • 「リノコ」の料金イメージ

 リノコは、低価格で追加料金が一切かからない定額リフォームサービス。セカイエが施工店と消費者の間に入り、施工店による追加料金の請求や中間マージンを排除することによって、低価格でのサービス提供を実現しているという。設立1期目には1000件以上の受注を獲得しているそうだ。

 セカイエは大阪に拠点を置くITベンチャー企業で2012年12月に設立された。リノコは当初、低価格葬儀サービス「小さなお葬式」などを提供するユニクエスト・オンラインの新規事業として誕生したが、2013年にユニクエストが買収されることにともない、リノコの運営企業としてセカイエが設立されたという経緯がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加