logo

アイマス過去最大規模の冬季ライブイベントを開催--新情報も発表 - (page 2)

佐藤和也 (編集部)2014年02月24日 20時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 多方面に展開しているアイドルマスターではキャスト陣によるライブイベントの開催は恒例となっており、近年では、アーケード版稼動開始を基点とした夏季に、周年記念としての大規模なライブイベントないしはライブツアー、冬季にはそれに近い規模でのライブイベントを開催している。

  • ステージは正面と中央、そこを花道がつなぐという形で構成。中央のステージでも多くの楽曲が披露され、多くの観客が見やすい演出となっていた

 今回は冬季ライブながら、初めてのさいたまスーパーアリーナでの単独ライブかつ出演者も過去最大の規模で開催された。2日間共通して出演したのは、765プロダクションから中村繪里子さん、(天海春香役)、長谷川明子さん(星井美希役)、今井麻美さん(如月千早役)、仁後真耶子さん(高槻やよい役)、浅倉杏美さん(萩原雪歩役)、平田宏美さん(菊地真役)、下田麻美(双海亜美・真美役)、釘宮理恵さん(水瀬伊織役)、たかはし智秋さん(三浦あずさ役)、原由実さん(四条貴音役)、沼倉愛美さん(我那覇響役)さん、滝田樹里さん(音無小鳥役)。シンデレラガールズから福原綾香さん(渋谷凛役)、松嵜麗さん(諸星きらり役)、佳村はるかさん(城ヶ崎美嘉役)、大橋彩香さん(島村卯月役)、原紗友里さん(本田未央役)、青木瑠璃子さん(多田李衣菜役)、ミリオンライブ!のミリオンスターズから麻倉ももさん(箱崎星梨花役)、田所あずささん(最上静香役)、山崎はるかさん(春日未来役)、渡部優衣さん(横山奈緒役)、木戸衣吹さん(矢吹可奈役)、Machicoさん(伊吹翼役)。

  • 会場の収容人数も出演者も過去最大規模。これだけの出演者がそろうだけでも壮観だ

 さらに1日目にはミリオンスターズの伊藤美来さん(七尾百合子役)、夏川椎菜さん(望月杏奈役)、雨宮天さん(北沢志保役)、藤井ゆきよ(所恵美役)、 愛美さん(ジュリア役)。2日目にはシンデレラガールズより五十嵐裕美さん(双葉杏役)、山本希望さん(城ヶ崎莉嘉役)、高森奈津美さん(前川みく役)、黒沢ともよさん(赤城みりあ役)、三宅麻理恵さん(安部菜々役)が加わり、1日あたり29名の出演者が登場。個々のソロ曲をはじめ多様な楽曲を両日ともそれぞれ41曲に加え、曲間がないだけのフルバージョンに近い13曲のメドレーを披露。4時間半を超える大ボリュームのライブイベントに、場内を埋め尽くしたファンである“プロデューサーさん”は酔いしれた。

  • ライブの前節は、765プロ社長の高木順二朗氏がシルエットで登場するのがお約束

  • 2日目には、スピンオフ作品「ぷちます!」のプロデューサーとぷちどるによるスペシャルアニメで諸注意が行われた

  • ライブ途中には、さまざまな新情報の発表とともに、懐かしいアーケード版のPVが上映される一幕も

 ライブではそれぞれの持ち味が存分に発揮されていた。シンデレラガールズが見せたのは、個性的なアイドルそれぞれの世界観と観客との一体感。たとえばニートアイドルと呼ばれる双葉杏の曲「あんずのうた」では「メーデーメーデー」、ウサミン星からやってきたアイドル安部奈々の曲「メルヘンデビュー!」では「ミミミン、ミミミン、ウーサミン!」と、さいたまスーパーアリーナの大観衆が一体となってコールする光景そのものが圧巻だ。ときには笑顔で、ときにはりりしく、感情豊かに曲を表現していたのが印象的だった。

  • シンデレラガールズ11人が登場した2日目の「お願い!シンデレラ」

  • 筆者の個人的なお気に入り曲だが、正当派なハイテンションかつ応援ソングの、原さんによる「ミツボシ☆☆★」。場内がウルトラオレンジに染まった

  • 大観衆の「ウサミン」コールを巻き起こした三宅さんの「メルヘンデビュー!」

 ミリオンスターズが見せたのは全力感あふれるステージだ。ときには空気感ががらっと変わるぐらいのステージを披露し、ときには会場中誰もが気付くぐらいに感極まりながらも最後まで歌いきる姿など、大舞台に対するパフォーマンスは個々それぞれに違っていたが、まだ耳なじみの薄い曲が多いなかでも存在感をアピールした。

  • ミリオンスターズ11人が登場した1日目の「Thank You!」

  • ロックなアイドルのジュリアを演じる愛美さん。「流星群」を自らギターの弾き語りで歌唱するという、これまでのキャスト陣に見られなかったパフォーマンスで魅了した

  • 「オリジナル声になって」を披露した木戸さん。感極まりながらも最後まで歌い続ける姿に、劇場版の可奈に重なるところを感じたプロデューサーさんも多いのか、大きな拍手が送られていた

 そういったなかでまとめ上げるように765プロのキャスト陣が、長年の経験に裏打ちされた歌声とステージを披露。特に終盤はじっくりと聴かせるソロ曲を立て続けに披露し、その歌声に聞き入っていた。

  • 下田さんは「アイドルマスター シャイニーフェスタ ファンキー ノート」に収録されている「ビジョナリー」を亜美・真美らしくコミカルに披露

  • 仁後さんは、落ち着いた雰囲気の「チクタク」を披露。明るく元気なやよいのイメージとは少し異なるやさしさが表現されていた

  • テレビアニメのライブシーンでも屈指の名シーンとして挙げられる「約束」を披露した今井さん。2日目には765プロ全員が登場する一幕も

 8周年記念ライブツアーでは、シンデレラガールズとミリオンスターズがそれぞれにゲストとして登場したが、ここまで本格的に参加したのは初めて。そして今回のステージでは中村さん、大橋さん、山崎さんといった赤のイメージカラーを持ち、それぞれの作品の中心的な存在の3人が、仲間と一緒に手を取り合うメッセージが込められた「アイドルマスター2」のテーマ曲「The world is all one !!」を披露したのをはじめ、それぞれのキャスト陣が入り交じった形での楽曲もメドレーを中心に披露。作品の枠を超えた夢の共演が展開されるとともに、多様な楽曲のなかでも歌い手が変わることで見せる新たな一面や可能性を提示した形だ。

 2日目にはライブとしてのサプライズも用意されていた。2009年に発売されたニンテンドーDS用ソフト「アイドルマスター ディアリースターズ」の876(バンナム)プロの日高愛を演じる戸松遥さんがメドレーの合間に突如として登場。同作のテーマ曲「“HELLO!!”」を披露すると、このライブでも最大級の歓声が響き渡った。メドレー終了後では中村さん、大橋さん、山崎さんも加わってあいさつしたのだが、この4人がそろってステージに立つことそのものが、アイマスを追い続けたプロデューサーさんであればあるほど感慨深いであろうと感じられるシーンだ。

  • 中村さん、大橋さん、山崎さんの3人による「The world is all one !!」

  • サプライズ出演となった戸松さんが「“HELLO!!”」を熱唱。大きな歓声とコールに包まれていた

  • 2日目の最後のあいさつでも、4人そろって登場

  • 最後にはキャスト陣が中央のステージまであいさつを行っていた

    (C)窪岡俊之 (C)NBGI (C)NBGI/PROJECT iM@S

 765プロ全員で劇場版アニメの主題歌「M@STER PIECE」の披露した際には、シンデレラガールズとミリオンスターズがバックダンサーとして登場し、作中のライブシーンを再現するかのように、同じダンスを披露。締めくくりにはこのライブのために作られたテーマソング「IDOL POWER RAINBOW」を出演者全員で歌い上げた。

 コンテンツとしてさまざまな入口を持つアイドルマスターでも、楽曲の豊富さは随一。一方で全てを追い続けることは難しい側面もあるが、ライブイベントで知らない楽曲に触れ新たな魅力を感じ、しいては楽曲を通じてキャラクターや作品の魅力に触れられる機会があることは、別コンテンツへの訴求という意味でも大きい。今回のライブのテーマが「つながり」となっており、3作品、サプライズとなったディアリースターズを含めると4作品の世界観がつながったかのように思えるライブとなっていた。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]