DeNA、「アプリゼミ」で公立小学校による評価テストを開始

佐藤和也 (編集部)2014年02月12日 19時36分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 DeNAは2月12日、通信教育アプリ「アプリゼミ」について、学習への影響に関する検証をビッグデータ解析とあわせて、東京都の公立小学校ほかの協力のもとに開始することを発表した。

 アプリゼミは、スマートフォンやタブレットで学ぶ教育アプリ。ビッグデータの蓄積・分析をすることで、効果的な学習ができるように教材を改善。最適の難易度バランス調整をすることで、学習を楽しみながら習慣化できるようになるとしている。

 2月10日より、東京都多摩市立東愛宕小学校の1年生を対象として、 開発中の一部機能の評価テストを開始。早稲田大学人間科学学術院の向後千春教授、森田裕介研究室の協力のもと、実際の児童たちの反応や変化、学習との連動性について分析。評価テストは東愛宕小学校以外の学校でも実施予定としている。

 東愛宕小学校では、4月から新1年生を対象に授業外学習のICT化の一貫として、アプリゼミの小学1年生講座を活用。基本的に授業外利用とするが、学習内容に応じて一部授業時間内での利用も予定されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加