logo

ソニー「Cyber-shot」にパーティーモードを搭載したCCDデジカメ

加納恵 (編集部)2014年02月12日 13時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは2月12日、CCDセンサを搭載したコンパクトデジタルカメラ「Cyber-shot」にISO感度や露出補正をカメラが自動的に調整する「パーティーモード」を備えた「DSC-W810」を発表した。発売は3月7日。店頭想定価格は1万3000円前後になる。

 有効2010万画素の1/2.3型CCDセンサを備え、最大2000万画素の静止画とAVI形式による1280×720ピクセルの動画撮影が可能。6倍の光学ズームを備え、26mmから156mmの撮影ができる。

 パーティーモードを使用すれば、ISO感度、露出補正、彩度をカメラ側が調整し、より明るく鮮明な写真を取ることが可能。動画RECボタンを独立して設け、簡単操作ですぐに動画撮影が始められる。

 サイズは高さ55.5mm×幅96.8mm×奥行き20.9mmで、重量約111g。光学式手ブレ補正を備える。ボディカラーはブラック、ピンク、シルバーを3色を用意する。

  • 「DSC-W810」ブラック

  • ・ピンク

  • シルバー

-PR-企画特集