logo

パイオニア、重低音再生ができるテレビ用ヘッドホン

加納恵 (編集部)2014年02月04日 14時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パイオニアは2月4日、テレビ用のヘッドホン「SE-M531/M521」を発表した。「POWERFUL BASS ダクト」を搭載し、迫力ある低音を再生できる。発売は2月中旬。店頭想定価格はM531が3000円前後、M521が2000円前後になる。

 両機種とも40mmのダイナミックドライバとPOWERFUL BASS ダクトを搭載し、迫力ある低音再生を実現。M531のみ強磁力希土類マグネットを使用したドライバユニットとCCAW(銅被覆アルミニウム線)ボイスコイルを採用し、重低音再生に加えクリアな広帯域再生もできる。

 ヘッドバンド部は長さ調整が可能な「フリーアジャストヘッドバンド」を採用し、M531にはベロアタイプ、M521にはレザータイプのイヤーパッドを使用。密閉型のため、遮音性に優れ、深夜での使用にも対応する。

 重量はM531が215g、M521 が220g。いずれも3.5mのロングコードを装備し、離れた場所からでも使用できる。

  • 「SE-M531」

  • 「SE-M521」

  • 「POWERFUL BASS ダクト」

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集