AMD、ARMベースの64ビット対応プロセッサ「Opteron A1100」シリーズを発表

Brooke Crothers (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年01月30日 11時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AMDは同社初のARMプロセッサで強い印象を与えようとしている。

 そしてそれは成功するかもしれない。サーバ製品向けの「AMD Opteron A1100」シリーズは8個のプロセッサコアを統合でき、64ビットに対応した初のARMチップの1つとなる。

 AMDは「Cortex-A57」と呼ばれるプロセッサ設計を採用している。これはARMによると「最高のパフォーマンスをもたらすプロセッサ」であるという。

 AMDは米国時間1月28日の発表で、このチップと開発プラットフォームのサンプル出荷が2014年第1四半期中に開始されると述べた。

 AMDは同プロセッサが64ビットであるという点を強調している。

 同社は声明で「AMDは、コンパイラやシミュレータから、ハイパーバイザやOS、アプリケーションソフトウェアに至るまでの、ARMベースの設計に向けた(中略)64ビットソフトウェアのエコシステムを実現するために、業界をリードする企業との共同作業を行っている」と述べている。

 またこれは、同社に成功をもたらしてきた、「x86」(Intel互換)アーキテクチャに特化した従来戦略の転換を意味している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加