logo

米ヤフー、次の買収対象はアプリ開発のTomfooleryか

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高森郁哉 (ガリレオ)2014年01月29日 10時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Yahoo元従業員のKakul Srivastava氏が共同創設者に名を連ね、職場での協働とコミュニケーションを向上させるアプリを手がけるTomfooleryが、近々買収されるかもしれない。


米Yahooの最高経営責任者(CEO)、Marissa Mayer氏
提供:James Martin/CNET

 The Wall Street Journal(WSJ)は米国時間1月27日の記事で、買収協議について知る関係者の言葉を引用し、Yahooは現在1600万ドルでの買収に向けたTomfooleryとの話し合いで「進んだ段階」にあると報じた。WSJの情報提供者は、Tomfooleryのアプリが今後も提供されるのか、またはその技術がYahooの内部で使われるのかについてはコメントできなかった。

 Marissa Mayer氏が2012年に最高経営責任者(CEO)に就任して以来、Yahooは次々と買収を行ってきた。2014年1月に開催された2014 International CESで、同氏は、さらなる買収の可能性を示していた。そうしたYahooの買収リストに次に並ぶのは、Tomfooleryになるのかもしれない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集